About健康口座とは

日本では、一般的には、医療費の7割を公的医療保障で賄い、
3割を自己負担で賄う完全社会保険方式となっています。
しかしながら、我が国においても少子高齢化による医療財源の不足や
先進医療の普及などの社会情勢の変化を見据えて、
今後は個人が将来の自身の健康のために、
「自助的な備え」に取り組んでいくこと
が想定されます。
このような状況認識のもと、当社は各地域の金融機関と連携し、
個人の自助による医療費への備えを支援するため、
「健康口座」を提供することといたしました。

「健康口座」のご紹介動画

「健康口座」の仕組み

feature「健康口座」の特徴

Point 1

健康口座

医療費のための専用預金口座

医療費を引き落とすための専用の預金口座を開設。
病気やケガなどの万が一に備えます。

提携金融機関が提供
Point 2

医療費立替払い

医療費は後日、健康口座から引落し

支払い不要で早帰り。
会計待ち時間もなくなり、キャッシュレスで通院や
入退院ができます。

当社が提供
Point 3

「健康口座」医療保険

入院費用は保険で補償

任意加入の「健康口座」医療保険で、入院費の自己負担分を補償。
加えて、先進医療費・差額ベッド代(支払額に上限あり)も補償します。

SBI損保が提供
もっと詳しくみる
健康口座とは?健康口座とは?
将来の医療費支出に備える
医療費専用の口座

健康口座は、医療費の口座振替を行うための、医療費専用預金口座です。
病気やケガ等の医療費支出に専用預金で備えます。

どなたでも、どこでも利用できるよう、皆さまが お馴染みの地元の金融機関と提携しています。 健康口座の詳細についてお知りになりたい方は、下記のご希望の提携銀行名をクリックしてください。

提携金融機関

銀行名をクリックすると、別ウィンドウで各銀行サイトへ移動します。銀行名をクリックすると、
別ウィンドウで各銀行サイトへ移動します。

大垣共立銀行
大垣西濃信用金庫
医療費立替払いとは?医療費立替払いとは?
キャッシュレスで受診、
診療後すぐ帰れる

医療費立替払いは、「健康口座」会員のためのキャッシュレスと早帰りのサービス。
医療費は後日、健康口座から振替えるので、診療後は会計することなく、すぐに帰れます。
院内での滞在時間が短くなり、感染症などが流行しているときでも安心です。
入院では、入院費の自己負担分のほか、差額ベッド代の支払いにも対応します。

サービスの利用には、「健康口座」会員への登録と会費(330円(税込)/月)の支払いが必要となります。

2021年11月1日~2022年4月30日の期間は、
会費(330円/月)が無償となります

健康口座とは?「健康口座」医療保険とは?
入院費の自己負担分を補償する
損害保険

「健康口座」医療保険は、「健康口座」会員専用の、入院費の自己負担分をかかった分だけ補償する、実損補償タイプの保険です。
健康口座の預金額がまだ十分でない方や、残高を減らしたくない方のために、健康口座から引き落とされる入院費用を医療保険でカバーします。

入院費用の実費以外に、差額ベッド代(上限あり)や先進医療費(上限あり)にも保険金が支給されます。
入院費の立替払いサービスを利用された場合は、保険金の請求手続きが不要になります。
(当社が、保険金請求事務を代行いたします。)

預金で守る、自分の健康

「健康口座」会員限定
健康管理アプリのご案内

あらゆる健康データをミカタにする
健康管理アプリ
「健康口座」メディカルケアマネジメント

「健康口座」メディカルケアマネジメントとは、いつもの生活から簡単に理想体型になるための目標設定とアドバイスが得られる健康管理アプリです。
手軽で簡単に使えるよう、面倒な食事の記録は不要です。また、体重・体脂肪率もときどき測るだけでOK。誰でも長く続けられる仕組みを丁寧に作り込んでいます。

ジュールライフ
《健康管理アプリの決定版!》
「健康口座」会員専用の
メディカルケアアプリ